前へ
次へ

肩こりの治療ができるありがたいところは

今の時代は、昔よりも肩こりの治療ができるところが非常に多くのところで見かけられます。要はそれだけ、現

more

肩こりと言わない夫の言い方は

肩こりをしたから、肩をもんでという言い方はありますが、それまで私の実家ではずっとそのような言い方をし

more

肩こりにならないようにするコツ

肩こりが起きる原因は同じ姿勢が続いて関節を動かさないためで、痛みが発生して日常生活や仕事に支障をきた

more

肩こりはどのように認識すべきか

現代人は長時間同じ姿勢で仕事をしたりスマホで遊んだりと体に負担をかけることが多いですが、当の本人はそれが相当な体に対する負担であることに気づきません。これは現代人の生活習慣の中に同じ姿勢をとり続けることが刻み込まれているからで、状況によってはそれが二時間、三時間と長時間にわたることは少なくないでしょう。肩こりは現代人にとってポピュラーな病気ですが、これは病気とは数えられておらず、疲労がたまったくらいにしか認識されていませんでした。しかし、明らかに肩がこわばって体調が悪くなったり、呼吸がしにくくなったりと弊害はあります。また、これが原因で精神的な病気にかかったり、突然めまいを起こしたりと重篤な症状を発する人もいるくらいです。早くから肩こりに対して対策を打ってきたのが医療の分野では整体やマッサージ関係の施設でした。民間の鍼灸院などではお灸や鍼などでこりをほぐすことが研究されており、いかにして苦痛をとりのぞくかが多くの人によって調べられていました。現在は相当多くの鍼灸院や整体のお店があり、そこに行けば適切な形でこわばった肩や背中、腰などをもみほぐしたり筋肉をやわらかくしてもらったり、骨格を正しい位置に戻してもらえます。もちろん整形外科など病院でも肩こりの治療はしてもらえます。特別な機器を使って電気を体に流し、こりをほぐしたり血流を良くする治療法はすでに確立されています。また、レントゲンなどをとってもらい、こりが繰り返し出てくる原因を探ることもできるわけです。これらは専門の医療機関だからこそできることで、それを利用しない手はありません。かつてはたかが肩のこわばりといって我慢したり気にしないのが美徳とされていましたが、今はできるだけ症状が軽いうちから医療機関や鍼灸院などを探し、適切な手を打つことが常識とされてきました。現代人はとにかく体を酷使しがちな生活を続けていますが、時にはしっかりといたわってやることが大切です。

抜かないを中心とした歯科治療のご提供
厚木市船子の歯医者「みさと歯科」歯を残すことをコンセプトに治療に取り組んでいます

天神で様々な内科治療を行うCDCInternational
慢性疲労や風邪など幅広い内科的な不調の治療をしてくれます。

天神の美容皮膚科|Crystal 医科歯科 Clinic International

東京駅からのアクセス抜群な歯医者丸の内永楽ビル歯科クリニック

傷んだ歯を点で治すのではなく口内環境を見て治療します

Page Top